2016/01/17

寒い時、ぎっくり腰にご用心

今週から寒さが一段と増しました。

こんな時、気をつけて欲しいのがぎっくり腰。

 

ぎっくり腰(急性腰痛)は真夏と真冬に多くなります。真冬に多くなるのは、寒さのために筋肉の動きが悪くなるからです。それによる日々の運動不足や疲労が重なりちょっとした何気ない動きで痛めてしまいます。

ぎっくり腰歴有りの方、要注意です。

 

痛めた時は早期治療が第一です。当院では急性腰痛の時は鍼(はり)治療を勧めています。鍼が苦手な人には先日紹介したラジオ波が良いですよ。

 

寒い時期の予防のひとつとして、朝起きる前に布団の中で手足の指先から徐々に動かし、筋肉を温めると良いです。

 

真夏に多いぎっくり腰についてはまた次回(^^)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松井接骨院・松井はり灸院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加