2017/10/11

シンスプリントになってしまったら

逗子・葉山で歪みからみるSTM療法、Formthotics による足整板療法をしている松井接骨院・松井はり灸院です。

 

秋になり、中高生の部活動も新メンバーでチームが構成され、

大会が始まってきましたね。

 

新メンバーに抜擢され、運動量がぐんと増える時期でもあります。

この時期に気を付けてもらいたいのが

スポーツ障害。

 

 

テニス

内くるぶしの少し上が痛いと訴えているお子さんはいませんか??

それはシンスプリントと呼ばれ、、後脛骨筋が関与している骨膜炎だと言われています。

(見解は様々でまだハッキリとはされていません。)

 

整形外科に行くと、

「成長痛」

と言われます。

 

「成長痛」なるものがあるのなら、

誰にだって起こる現象ですが、

同じ年齢・同じ部活動・同じ練習量であるのに

シンスプリントになる子・ならない子がいますよね。

 

この違いは、

足の指の使い方・歩き方

さらに言うなら

身体の使い方(生活習慣)・身体の歪み

に表れるのです。

 

松井接骨院では、シンスプリントに対する痛みの治療はもちろんですが、

再発しないよう、靴の選び方、歩行、日常生活まで踏み込み

しっかりサポートさせていただきます。

 

大会で全力が発揮できるよう、

テーピング固定なども取り入れ

練習に参加しつつ 治療を進めていけます。

 

シンスプリントは放っておき、そのまま過激な活動をし続けると

疲労骨折を起こすこともあるので、

症状が出たら、早めに対処しましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇松井接骨院・松井はり灸院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加