スタッフブログ

2016/03/04

ギックリ腰のその後

私が人生初のギックリ腰をしてから2週間が過ぎました。

 

発症からすぐ治療を始めたので、予後は良好♪

発症から3日で通常生活がおくれるようになり、4日目から仕事にも復帰しました!!

 

 

どこの部位でもそうですが、

そのうち治るかな・・・

と思い、すぐに治療を開始しない人もいますが、『早期発見!早期治療!』のように、早期治療が鍵ですね!!

 

 

でも、やっぱり子どもの抱っこや灯油缶を運ぶときなんかはズキンとします。

完治したわけではないので治療は週に2~3回の割合で続けています。

3日前から、腰痛体操も始めました。( http://matsui-sekkotsu.com/blog/298

 

これから治療の間隔を週に1回くらいまであけれるようになったら、その間隔のまま1ヶ月は治療を続ける予定です。

再発しない、完全治癒を目指します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松井接骨院・松井はり灸院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/02

不妊治療にラジオ波

昨日からの関連で、ラジオ波の話題です。

 

CIMG3733

 

三浦半島で唯一粟木原式不妊鍼灸治療を受けられる、松井接骨院・松井はり灸院ですが、

治療の過程のひとつにラジオ波を使用します。

 

 

妊娠するには体温を1℃あげよう!

いろんなところで聞く言葉ですが、実際に体温を1℃あげようと思っても簡単に上がるものではありません。

だから不妊治療も難しいのかもしれませんが・・・。

 

ラジオ波は身体の深部まで届き、うちから温めてくれます。

(詳しくは  http://matsui-sekkotsu.com/blog/335

 

ラジオ波施術後は体温が1℃上がり、しばらく持続するとも言われています。

実際、ラジオ波を当てているところは温かさを感じるのです。

温かくなると言うことは、そこに血液が流れているということなのです。

 

不妊鍼灸治療でもラジオ波を子宮・卵巣に届くように下腹部に当てます。

そして、血液をそこに集め妊娠しやすい身体をつくっていくのです。

 

 

ここで受ける不妊鍼灸治療は三浦半島唯一ですが、

実はラジオ波を受けられるのも逗子・葉山(もしかするとこれも三浦半島)で唯一なのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松井接骨院・松井はり灸院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/01

ラジオ波の効果

昨日ラジオ波の周波数などについてお話ししました。

 

では、今日はラジオ波でどんな効果があるのか???

ということについて少し綴ってみます。

 

お風呂が気持ちいいのと同じように、ラジオ波温熱も身体を温めることを目的としています。

お風呂との違いは、表面だけを暖めるだけでなく、身体の内部からネルを発生させる仕組みにより、

身体の深部から温められます。

また、持続効果も長いことが特徴です。

 

CIMG3730

 

ラジオ波を用いることで、体内にジュール熱(摩擦熱)を発生させることで深部からの熱源を発生し、身体全体に温度を上昇させます。

その為に体全体に血流が行き渡り、深層筋肉にもアプローチができます。

そこで、治療として疼痛軽減や可動域改善の効果が得られるのです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松井接骨院・松井はり灸院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/29

高周波温熱機器 ラジオ波って?

以前からブログで度々登場するラジオ波。

 

ラジオ?

 

と、思う人も多いと思うので、今回はラジオ波について少し説明します。

 

 

医学分野で利用しているラジオ波は300kHz~6MHzの高周波のことを指します。

電波はその周波数から低周波・ラジオ波・超短波・極超短(マイクロ)波・赤外線・X線などに分けることが出来ます。

 

CIMG3729

 

ラジオ波温熱は10年以上前からエステ業界などで、脂肪を燃やしてやせる目的で幅広く使われてきました。

それが近年になり、痛みや怪我の予防や治療などにも応用されるようになりました。

プロスポーツ選手が愛用することが多くなったこともあり、病院・接骨院などでも使われることが増えてきたのです。

 

CIMG3732

 

ちなみに、松井接骨院・松井はり灸院で受けられる電療機器として以下のものがあります。

 

★低周波

★高周波

★ラジオ波

★超音波

★極超短(マイクロ)波

★EMS

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松井接骨院・松井はり灸院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/26

足関節捻挫にはRICE処置

足関節捻挫をした際、接骨院に行く前に応急処置としてご自身で出来ることがあります。

 

◆RICE処置◆

rest(安静)

ice(冷却)

compression(圧迫)

elevation(固定)

 

まずはrest。

その名の通り安静です。負荷をかけず動かさないでください。

 

次にice。

損傷部位をアイスパックや氷のうで冷やしましょう。目安は15分前後のサイクルで間欠的に。接骨院に行くまではなるべく続けましょう。

保冷剤は食品を冷やすものなので、皮膚に直接当て続けると低温火傷を起こす可能性があります。また、保冷剤は硬く、患部がきちんと冷やせれないこともあるので使わないでください。

 

そしてcompression。

今後内出血や腫脹を起こすこともあるので、包帯やテーピング等で固定します。固定することで痛みも軽減されます。

 

最後にelevation。

静脈還流を促進し、腫脹を抑制します。

 

 

知っているようで知らない、足関節捻挫の応急処置、RICE処置。

これを知っているだけでも、その後の回復が違います。

覚えておいてください(^.^) (さらに…)

このエントリーをはてなブックマークに追加

松井接骨院・めばえ堂はり灸治療院ではブログでお役立ち情報を配信しております

逗子・葉山で多くの皆様からご信頼をいただいている当院では、ブログを配信しております。


お体のお悩み解消や日頃の健康維持に役立つ情報、慢性的な痛みを改善する方法なども配信して参りますので、ぜひ参考になさってください。

松井接骨院・めばえ堂はり灸治療院では骨折などスポーツ中のケガや、お子様に多い野球ひじやジャンパー膝などのスポーツ障害の治療も行っております。
無理をせず、しっかり回復させて再び競技ができるようにサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。


逗子・葉山にある当院では交通事故の専門治療も行っております。むち打ち症をはじめ、頭痛や鈍痛などの後遺症にお悩みの方もぜひご相談ください。
自賠責保険による治療が可能ですので、自己負担なしで治療も受けられます。
また、当院は弁護士法人心と連携をしておりますので、治療期間や慰謝料のことなど、不安なことがあれば軽々豊富な弁護士に相談することも可能です。