2019/02/16

子どもの靴はちょうど良いサイズを買いましょう

逗子・葉山・横須賀で Formthotics による足整板療法をしている松井接骨院です。

 

 

先日、子どもの靴を買い換えました。

サイズアウトということもありますが、

買い換え第一理由は

 

「靴がボロボロ」

 

 

-pB3RtaM ETRaSKh0

 

写真で見てわかりますか?

履き口が広がっていますよね。

これではもう足首をホールドすることはできません。

 

そして、靴の先に穴が・・・。

つま先に穴が開くのは、ただ、歩き方が悪いから。

もちろん、この靴の主はよく転びます( ; ; )

 

子どもは足の成長が早いので、ワンサイズ大きな靴を買いがちですよね。

 

「すぐ大きくなるからちょっと大きめにしとこう。」

 

でもこれって、

子どもの成長に悪影響を及ぼすのです!

 

就学前の時期は足がドンドン大きくなります。

でも、靴がサイズアウトすることには靴がボロボロになっているのです。

 

子どもは3ヶ月もすれば足のサイズは変ります。

靴も3ヶ月で買い換えどきを迎えます。

 

子どもが体をいつまでも元気でいられるよう、

大きめ靴を買うのはやめましょう。

サイズアウトしていなくても、

靴がボロボロになっていたら買い換えてあげましょう( ^∀^)

 

どんな靴を買えばいいのかわからなかったら、

松井接骨院にご相談ください。

 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
松井接骨院・めばえ堂はり灸治療院
http://www.matsui-sekkotsu.com/
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄12-6
TEL:046-875-5899
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
このエントリーをはてなブックマークに追加